東海大学海洋科学博物館|静岡 三保の水族館

Langage
メニューを閉じる

海洋科学博物館とは

当館の目指すものについてお話しします。

  1. ホーム
  2. 海洋科学博物館とは

はじめに

私たちの身近にある海を
たくさんの人に知ってもらいたい。

私たちの住む日本は島国で、まわりは海に囲まれています。日本ほどゆたかな海のめぐみを受けている国は、ほかにありません。その海のめぐみをたいせつにするためには、海のことをよく知らなければなりません。

東海大学海洋科学博物館は、「海のはくぶつかん」として、1970年にオープンしました。水族館の要素と科学博物館の要素を併せ持つ、海洋に関する総合博物館で、地域の方には『三保の水族館』の愛称で親しまれています。

海洋科学博物館の目的

日本でここだけ!
海の科学をテーマにした博物館です。

東海大学海洋学部付属の教育・研究施設として利用されるだけでなく、そこで得られた海洋環境や海洋資源などの研究結果を展示し、海洋に関する幅広い知識を広く一般に普及することを目的としています。
日本にはたくさんの博物館や水族館がありますが、海の科学をテーマにまとめた博物館はここだけにしかありません。

「海のはくぶつかん」で、たのしい一日をすごしていただき、そして、日本のまわりをめぐる、世界につながる海の自然や資源、海の調査と研究などについて、もっともっと興味をもっていただきたいと思います。

展示や活動について

これからも研究を続け、みなさんに発信していきます。

常設展示は、1階が水族館部門、2階が科学博物館部門の展示で構成され、水族館部門では、博物館が近接する駿河湾の生きものを中心に約400種を展示しています。
科学博物館部門では、海の様々な側面を伝える展示や海の生きものの動きを基に作られた機械生物(メカニマル)などが展示されています。その他、イベントとしては、様々なテーマの特別展・企画展を開催しています。また、教育普及活動としてバックヤードツアーや飼育体験など学校団体向け体験学習やサマースクール・セミナーの開催、機関誌の出版などを行っています。
展示活動や教育普及活動には基礎となる資料の収集や調査・研究活動が必要です。当館では、駿河湾を中心とした生きものなど自然に関する資料の収集を行い、それらの調査・研究を行っています。

海洋科学博物館のあゆみ

1970年5月2日
開館
1978年4月29日
機械水族館「メクアリウム」開設(博物館2階増設)
1986年4月26日
マリンサイエンスホール開設(2階展示室全面改修)
1992年3月15日
3Dハイビジョンシアター開設
1995年7月14日
メクアリウム改装
2007年7月24日
くまのみ水族館 開設
2008年7月21日
きらきら☆ラグーン 開設
2009年7月26日
クマノミ・キッズ 開設
2010年7月25日
駿河湾の深海生物 開設
2015年9月15日
うみの研究室 開設