海のはくぶつかん 東海大学海洋科学博物館 topics
水族館フォーラム

館長たちが語る水族館最前線!終了しました。

日本全国で活躍する水族館館長たち7名が集結!
館長たちが語る水族館最前線!
日本は水族館が60以上もある水族館先進国です。これまで飛躍的な発展とともに活動してきた水族館は、現在もリニューアルや新設により、活躍の場を広げています。
この水族館フォーラムでは、東海大学海洋科学博物館で学んだ全国各地で活躍する水族館館長たちに、最近の水族館の動向や目指していることを語っていだきます。 ぜひ、水族館に興味のある方は、お集まりください。
東海大学海洋学部博物館
2015年3月7日(土) 13:00〜15:20
東海大学海洋科学博物館 講堂
一般の方々や学生向けに最近の水族館動向など、水族館について理解を深めてもらうための講演会。
西 源二郎(元東海大学海洋科学博物館館長・元葛西臨海水族園園長)
無料(入館料が必要です。)
        ※講演中の入退室はできません。移動は各講演の合間でお願いします。
プロ ラム
13:00 - 13:05 当館館長挨拶 秋山 信彦
13:05 - 13:25 長井 健生(日本動物園水族館協会専務理事・元碧南海浜水族館館長)
  「世界の中の日本の水族館―野生動物保護の取組―」
13:25 - 13:45 鈴木 倫明(元新潟市水族館マリンピア日本海館長)
  「新潟水族館リニューアルで目指したもの」
13:45 - 14:05 西 源二郎(元東海大学海洋科学博物館館長・元葛西臨海水族園園長)
  「ヨーロッパの水族館で見た水処理システム」
  10分休憩
14:15 - 14:35 中村 幸弘(上越市立水族博物館館長)
  「上越水族館で目指したもの―トミヨ類の呼び名調査から分ったこと―」
14:35 - 14:55 増田 元保(碧南海浜水族館館長)
  「碧南水族館は今―環境保護の拠点として―」
14:55 - 15:15 高田 浩二(マリンワールド海の中道館長)
  「水族館を楽しい学びの場とするために」
15:20 終了
        ※講演内容は一部変更になることがあります。
閉じる
ページトップへ
Copyright (c) Social Education Center TOKAI University All rights reserved. 最終更新日:2015年03月07日