海のはくぶつかん 東海大学海洋科学博物館 トップページへ
展示案内 研究業績 イベント情報 デジタル百科事典 キッズミュージアム 教育支援プログラム アクセス・利用案内 よくあるご質問
水族館部門常設展示

駿河湾の深海生物
駿河湾の深海生物
当館が位置する駿河湾は湾口断面での最大深度が約2,500mもあり、日本で最も急深な湾として知られています。

この湾の形状から駿河湾では深海生物が発見されることが多く、当館にも多くの標本が収蔵されています。2010年の開館40周年を記念し、開館以来収集された深海生物の標本をここでご紹介しています。
主な展示
駿河湾は深海生物の宝庫(パネル・ビデオ・液浸標本)
様々な深海生物(液浸標本)
深海への適応(標本・パネル・模型・ハンズオン展示)
深海生物ニュース(パネル)

展示液浸標本一覧
魚類
アオメエソ アカギンザメ アカグツ
アカチョッキクジラウオ アナダラ アベゲンゲ
アラハダカ アンコウ イチモンジヒゲ
イトアナゴ イワハダカ ウケグチイワシ
ウケグチザラガレイ エドアブラザメ オオクチイワシ
オニアンコウ科の1種(オス) オニハダカ カガミダイ
カゴシマニギス カゴマトウダイ カタホウネンエソ
カナダダラ キアンコウ キツネソコギス
キホウボウ キュウリエソ ギンハダカ
ギンメダイ クマノカジカ クロアンコウ
クロカサゴ クログチイワシ クロシビカマス
クロトカゲギス クロヌタウナギ クロボウズギス
ゴコウハダカ コワヌケフウリュウウオ コンゴウアナゴ
コンニャクハダカゲンゲ サカタザメ サガミザメ
サガミソコダラ サンゴイワシ シオイタチウオ
シギウナギ シマイタチウオ シャチブリ
シンジュエソ スイトウハダカ スジダラ
ススキハダカ セキトリイワシ セッキハダカ
センハダカ ソコハリゴチ タテカブトウオ
タナベシャチブリ チゴダラ チョウチンアンコウ
ツラナガコビトザメ テンガイハタ テンガンムネエソ
トウジン トカゲギス トガリムネエソ
ドクウロコイボダイ トビツカエイ トミハダカ
トリカジカ ナカムラギンメ ナンヨウミツマタヤリウオ
ニギス ニホンヤモリザメ ヌタウナギ
ノコギリザメ バケダラ ハダカエソ
ヒウチダイ ヒゲキホウボウ ヒメコンヤクウオ
ビワアンコウ フウリュウウオ フタスジナメハダカ
ベニカワムキ ヘリダラ ホウキボシエソ
ボウズカジカ ホウライエソ ホシホウネンエソ
ホソフジクジラ ホタルビハダカ ホテイエソ
ホラアナゴ マトウダイ マメハダカ
ミズウオ ミズテング ミツクリエナガチョウチンアンコウ
ミツクリザメ ミツマタヤリウオ属の一種(オス) ミドリフサアンコウ
ムグラヒゲ ムネエソ ヤセナメライワシ
ヤリトカゲハダカ ヤリホシエソ ユメハダカ
ヨコエソ ヨロイイタチウオ ヨロイザメ
リュウキュウインキウオ リュウグウハダカ ワニギス
ワニトカゲギス ワヌケフウリュウウオ
無脊椎
アカザエビ アカモンミノエビ ウスモミジガイ
ウルトラブンブク オウストンガニ オオグソクムシ
オオコシオリエビ オオタルマワシ オキナエビ
オキヒメヒオドシエビ オサテエビ オニオウストンガニ
カイロウドウケツモドキ カギイカ キツネブンブク
ギンエビス クラゲダコ クロダコ
コフキエゾイバラガニ ショウジョウエビ シラタマイカ
シリブトシャコ シンカイエビ ジンゴロウヤドカリ
スルガバイ センジュエビ チリメンヒタチオビ
ツブトゲヒラタエビ ツルボソテヅルモヅル トックリウミグモの仲間
ナンヨウホタルイカ ニチリンヒトデ ハリイバラガニ
ヒラアシエゾイバラガニ ヒラアシクモガニ フジヤマカシパン
ホタルイカ ミツトゲシンカイコシオリエビ メンダコ
ヤマトオウサマウニ ヤマトホシヒトデ ユウレイイカ
駿河湾の深海生物ができるまでの様子をトピックスにまとめてありますので、こちらもご覧ください。
駿河湾の生き物へ戻る
|
クマノミ水族館へ進む
展示案内
水族館部門
きらきら☆ラグーン
海洋水槽室
リュウグウノツカイ
ラブカ
チビッ子たんけんたい
クラゲギャラリー
駿河湾の生き物
駿河湾の深海生物
クマノミ水族館
クマノミ・キッズ
作業室
科学博物館部門
機械水族館部門
バーチャルツアー
自然史博物館ホームページへ お問合せ サイトマップ 前のページへ ページトップへ
Copyright (c) Social Education Center TOKAI University All rights reserved. 最終更新日:2014年09月19日